銀行系のローン会社の特徴は?

 
 

銀行運営カードローン、または銀行系グループの傘下に入っている消費者金融などが増えています。

 

その理由はやはり大手銀行がバックについていると、信頼度があがり顧客が利用しやすくなるという点にあります。

 

もともと銀行と消費者金融とは完全に分かれていました。消費者金融のイメージの悪さにも原因があったと思います。

 

しかし近年、お金の貸し借りについて法的にも整理されてきたため、消費者金融大手専業会社はイメージアップのために銀行グループ傘下に入り、銀行グループは大手専業会社のノウハウや情報を得るためにバックアップするようになりました。

 

銀行系ローン会社のウハウをいかし審査のスピードアップ(約40分)を計り、返済が滞った場合の取り立てなどは、専業ローン会社が継続して請け負っています。

 

以前は専業会社の貸付利率は銀行ローン会社よりも10%も高かったこともありましたが、銀行系ローン会社が増えたことや2010年の法改正などを見越して、2007年からグレーゾーンを撤廃し、徐々に利率を下げることに成功しました。近年では大手専業ローン会社の中で利率18%を上回るところはありません。

 

グレーゾーンを撤廃、金利の引き下げなどにより、以前のような消費者金融特有のイメージの悪さはなくなりました。
しかし、銀行系、消費者金融系ともに今後の差別化をどのように行っていくかが課題になっています。

 

人気のキャッシング

数あるカードローンの中でも、口コミによる評価が高いサービスのみを厳選しました。

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミスは2012年に社名をSMBCコンシューマーファイナンス株式会社と改めています。三井住友フィナンシャルグループであることから信頼度も高く、消費者に対して理解のあるローン会社です。プロミスは他社に比べると低めの金利で設定してあり、4.5〜17.8%と良心的です。24時間受付可能、営業日の14時までにWeb契約または郵送での契約を完了させると即日借入れが可能になります。また最初の利用時に※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。30日間無利息でお金を借りることが可能です。プロミスでの借入れ資格は学生でもパートでも大丈夫。コンビニで申し込むこともできます。審査は最短30分で借入れ申し込みに対する回答を得ることができます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分