カードローンとは

カードローン

カードローンとは

カードローンとは

カードローンとは、銀行や信販会社、クレジット会社などが行っている融資方法の1つです。
通常の融資は、借りる度に金融機関の窓口に行って、保証人や担保などを用意する必要がありますが、カードローンは一度カードを作ったらその必要はなく、何に使用するのかも自由です。
通常は、融資を受ける時は何にお金を使うのかはっきりさせて、その用途によって融資方法も変わってきますが、カードローンの場合はそれを問われることはないのです。
生活費のために使用しても、旅行の費用にしても、何に使ってもOKです。
そのため、カードローンのカードが1枚あると、何かの時に便利という認識が高まり、多くの人がカードローンを利用するようになっています。

カードローンのカードは、限度額内であれば何度でも利用できます。
そのカードは、銀行のATMをはじめ、コンビニエンスストアなどのATMで利用できる他、金融機関によっては、電話やウェブからの申し込みで銀行の口座に振り込んでもらうこともできます。
似たような融資方法にキャッシングがありますが、カードローンはキャッシングよりも大口融資の場合が多く、返済方法は分割、あるいはリボルディング払いになっています。

一方、キャッシングはクレジットカードなどに付帯しているサービスの1つで、小口融資であることが多く、借りた翌月に一括で返済するように設定されています。
しかし、近年ではキャッシングでもリボルディング払いや分割払いが可能になっているものがほとんどで、返済方法が選べるようになっているものも多くなっていて、カードローンとキャッシングは、ほとんど違いはなくなってきているようです。

カードローンは、多くの金融機関で利用できますが、最近では学生や主婦などでもアルバイトやパートで収入があれば利用できるところもあります。
また、わざわざ窓口に行かなくてもウェブで申し込め、即日融資が受けられるところもあり、以前よりも利用しやすくなっていると言えます。
そのため、気軽に利用する人が増えていますが、利用する金融機関によって金利が異なり、金利が高いところと低いところではかなりの差がありますので、注意が必要です。

特に、大口融資のカードローンを利用する場合は、金利の額も大きくなるので軽視できません。
利用する前に、複数のカードローンの金利を比較して、なるべく低い金利のものを利用するようにしましょう。
最近は、銀行の傘下になっている消費者金融も多いですので、そのようなところだと金利もそこまで高くありませんし、融資も迅速に受けらるので利用しやすいのではないでしょうか。
他にも利用しやすいカードローンはたくさんあると思いますので、インターネットなどを利用してよく調べてください。